主人公の美希也が逃げ出した舞妓の代わりに、お座敷に芽生えるための仕度をやる所です。
髷を結うのとメーキャップまで終わりました。
次はかんざしをさします。
花かんざしは月額達するそうです。
ピークを髪デコレーションにも盛り込むという心づかいがあるそうです。
月ごとにどのかんざしかは決まっているみたいです。
文献では祇園祭のときの申し立てなので、祇園祭のところ塗り付けるかんざしにのぼるみたいです。
祇園祭のかんざしは団扇のデコレーションがついた涼しそうなかんざしだそうです。
銀色のデコレーション生産が壮観で夏場らしく涼しそうな彩りらしいです。
右前にはプラチナのビラをさします。
主人公のわが家の吉乃わが家の家紋、桔梗が透かし彫りになっているみたいです。
ビラの深層には祇園の舞妓だけが塗る緑の珠を輪に連ねたかんざしを示すそうです。
左前と合間に祇園祭の団扇のかんざしを示すそうです。
次まさに見てみたいだ。
これでどうにか風貌と意識が出来上がりました。
美希也は鏡のセンターの俺を見て、自然に舞妓様のせりふが出てきてました。
自然に切りかえれるなんて、凄いですね。
これから仕上がりますね。
続きがはなはだ楽しみです。