近頃、同士とディズニー動画を見に行ってきました。気になる動画は根こそぎあれど、動画館に行くと「こういうのもやっているのか」と思うようないまひとつPRされていない産物などが目につきます。一際、高い掲示で知らせがされていた「後妻業」という動画は、キャストが豪華そうでしたし、あたいが好きな大竹しのぶがロックと罹る登場をしていそうだったので気になりました。後日、本屋にのぼり因ると、その動画の脚本書籍があることが判り、少し太い文庫本でしたが買いました。読み始めてはじめウィークもたっていませんが、面白くていよいよ半ほど読み進めていらっしゃる。ドラマを探ることは安いのですが、動画と書籍はセットで楽しむことが多いです。リーディングやるシーン、脳裏で動画を流しているようにしながら講話を読み切るのですが、キャストがほとんど分かっていればその芸人で脳内部蘇生をしますし、思い付か(後から動画化された)場合は、動画を見てそういった風になったのか〜と思いながら見たりするのが可笑しいだ。動画を見た後に脚本書籍を掴むのは、リーディングが得意でないサイドでも陳述の筋が分かっているので読み進めやすいと思いますし、おすすめです。